top of page

糖尿病と口の中の健康について​

 

★歯周病って何?

・歯を支えている周りの組織(歯ぐき)の病気です。歯周ポケットに細菌が入り込む慢性の感染症です。

・虫歯のような痛みがないので、つい放っておきがちになりますが、進行すると歯を支えられなくなり歯が抜けてし まいます。

・歯が抜けると、食べ物をしっかり噛めなくなり、内臓に悪影響が出たり、食べる楽しみが減ったりします。また、会話が楽しめなくなります。

 

★糖尿病と歯周病の関係

・血糖値が高いと感染が起こりやすく、歯周病にもなりや すくなります。

・逆に、歯周病にかかると血糖値が高くなり、糖尿病のコ ントロールが悪くなります。また、歯の健康が保たれていないと、糖尿病の大切な治療である食事療法が十分に行えなくなります。

 

★歯周病の予防と治療

<まずは歯磨きです>

・歯周病の予防のためには、プラークコントロールが大切 です。プラークとは、歯垢と呼ばれる歯の表面に付いた食 べかすと細菌の塊です。プラークを放っておくと、虫歯や 歯周病の原因となり、やがて歯石へと変化します。歯石は とても固いので、歯磨きでは除去できません。歯科での除 去が必要です。

・歯磨き粉は歯周病の予防には必ずしも必要ではありませ んが、口臭を押さえ、歯を白く保てます。使い過ぎは歯の 表面を傷つけてしまい、また、さっぱりすることで歯を良く磨けたと感じてしまうため、注意が必要です。 

・歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使って、歯と歯の間 をしっかり掃除しましょう。

・毎食後の歯磨きが理想。難しい場合は一日1回就眠前に しっかり磨きましょう。

・入れ歯も毎晩外して、歯と同じように歯ブラシでしっか り磨きます。

 

<定期的な歯科受診をしましょう>

・歯周病の治療には、歯科医への受診が必 要です。

・症状がなくても、年に3〜4回は定期的に受診が必要です。具体的にはかかりつ けの歯科医の指示を守ってください。適切な歯磨きの方法をしっかり教えてもらうことも大切です。 歯科に受診する時は、糖尿病であることと、治療内容を伝えましょう。

 

<その他の生活習慣の見直し>

・禁煙も大切です。喫煙による血流障害は 組織への栄養、酸素供給の低下や細菌への抵抗力を弱めます。

・食習慣を見直しましょう。間食が多い、甘いものを好むと歯周病のリスクを高めます。

・爪楊枝は使用しない。歯肉をいためて歯と歯の間が広がります。歯周病が治り、血糖コント ロールが良くなったという報告もあります。口の中の健康を維持し、楽しい生活を送りましょう!

bottom of page